連載「働くオージーさん」

子供のころ、教育チャンネルで「はたらくおじさん」という番組をやっていました。「タンちゃんと犬のペロくんが気球に乗って空から望遠鏡で覗き、毎回様々な職業のおじさんから仕事の内容を説明してもらう(ウィキペディアより引用)」という内容です。

私くらいの年代の方 ♪はたらくおじさんはたらくおばさん こーんにっちっは~♪ と言うテーマソング、覚えてるでしょ。

この歌から生まれた連載企画です。誰にもお馴染みの仕事、特殊な仕事、ガテン系の仕事、聞いたことないような仕事、いわゆるオージー、移民系オージー、男の人女の人、若い人中年老人、毎月1人、1年間12人の「働くオージーさん」に、仕事のこと、自分のことを語ってもらいます。

初回は、靴職人のイタリア移民のおじいさん、ジョーさん。

伝言ネット2013年10月号「働くオージーさん ひとりめ・靴職人のジョー」
記事を読む

12人のお話を通して、リアルな人々の住むリアルな街メルボルンを伝えます。この街に住んでいるさまざまな人たちへの愛、この街への愛が、伝わればいいなと思います。

今、4人ほど取材を終えて、次は誰にしようか思案中。そうだ、写真も撮っております。オージーさんたちがかっこよく写るように、気合を入れて撮っています。

それにしてもタイトルのシャレ、伝言ネットさんの読者って私よりずっと年下の人が多いし、きっと伝わってないんだろうな…と思いますが、それもまたよしです。自己満足自己満足。