サザンクロス駅設計者、キース・ブルイス氏インタビュー

capture

取材当時、サザンクロス駅(旧スペンサー・ストリート駅)リニューアル・プロジェクトは、施行の遅れ、予算超過などで地元メディアから酷評されており、同プロジェクトを請け負っていた建築会社が報道機関にかなり懐疑的でした。

当方は飽くまでプロジェクトの詳細について、設計者から直接話を聞きたいだけであることを何度も伝えた末、出版前に原稿を英訳、先方に提出することを条件に、インタビューが実現しました。(…よくやったなあ…苦笑)

『シリーズ:メルボルン・ピープルに聞く:サザンクロス駅設計者キース・ブルイス氏』日豪プレス・ビクトリア版05年10月号
記事を読む